クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレジットカードとは

「クレジットカード」、直訳するとcredit=信用card=券、札、信用販売のチケットです。昔と違い、クレジットカードを知らない人は、あまりいないとは思いますが一体どういうものでしょうか?

一番分かり易い利用方法と思われるのが、お買い物のときに現金払いの代わりにクレジットカードを提示し、その場でお金で支払いをしなくても、サインするだけで商品の購入ができるというものです。支払いは後日、カード会社から明細書が送られ、それに基づいて指定口座に現金を用意すれば自動引き落としされ、支払い完了となります。

クレジットカードを取得するには、各カード会社に申し込み、審査に通ればカードが郵送され、基本的には、決められた限度額までは現金払いの代わりに支払方法として使えます。お買い物の利用だけでなく、様々な利用方法、サービスがついてきます。つまり、クレジットカード会社と利用者の間での信用供与です。その場で持ち合わせの無い時や、逆に高額な利用で、現金を持ち歩くのが怖い時には非常に便利です。

クレジットカードの歴史はそれ程、古いものではありません。クレジットカード社会でもある、アメリカで1950年に「ダイナースクラブ」が誕生しました。ある人がレストランでの食事の際、お財布を忘れてしまい、その後、現金を所持することなく食事できないかと考えたのが始まりです。まだ誕生してから60年弱です。

日本では、その10年後に「日本ダイナースクラブ」が誕生しました。この歴史の浅さからも、ご年配の方に未だあまり好まれない(信用されない、持つ気が無い)のがお分かりいただけるのではないでしょうか?

しかし、海外だけではなく、現在は日本でもクレジットカードを所持していないと利用できないことが沢山あります。主なところでは、インターネットでのお買い物やホテルの予約、チェックイン、飛行機の予約など。

50年前には想像もつかなかったこととは思いますが、どちらかというとクレジットカード後進国の日本でも現在は一人で何枚か所持し、利用目的、TPOに合わせて使い分けるという世代に変化してきました。

今では、日本で発行されているクレジットカードには、年会費無料のものから10万円以上するごく一部の富裕層が所持できるカードまで、年会費、サービス、など多種多様で、ICチップ入りや、顔写真がついた、不正使用防止のカードもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.