クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレジットカードの利用場所

クレジットカードの利用として、まず第一に挙がるのがお店やデパートでのショッピング、レストランでの飲食、交通機関の切符購入(飛行機、新幹線、電車など)です。現金でのお買い物の代わりに、クレジットカードを提示するのですが、当然、カード会社の加盟店でないと利用できません。

加盟店とは、各クレジットカード会社が個々にお店との間で支払を現金の代わりにカード提示で出来るように契約を交わし、この契約がないとそのお店では利用したくても、契約の無い会社のクレジットカードは利用できません。

もし、いったん購入した後、返品、キャンセルなどとなった場合は、各カード会社の伝票処理日などにもよりますが、明細書上は一旦、利用として載り、その後取り消しが上がり、そこでプラスマイナスゼロ(手数料を取られる場合や、海外利用で、為替レートに動きがある場合は、この限りにあらず)となります。

昔とは違って、お買い物もネットショッピングをする人も増えてきていますが、こちらも、同様、お店に直接出向くという代わりに、インターネット上で各ネットショップを訪問し、、カードの直接提示はしないものの、カード番号と有効期限を入力し、有効無効チェックを受けて、お買い物できるかどうか、ネット上で判断されます。当然、全ての会社のクレジットカードが利用できるわけではありません。

カード会社は、これら加盟店から数パーセントの手数料をとり、それを年会費と同様に収入源にしていますが、この割合が各カード会社によって違うので、高く取るところとは商店としては利益が減るので契約を渋ります。

ただし、加盟店でのカード利用者が多ければ多いほど、そのカード会社は儲かるため、当初の契約よりも手数料を下げます。相乗効果です。

また、クレジット(credit)=信用というだけあって、特に物品購入でなくても、ホテルのチェックインの際に(事前の支払いを済ませていても)デポジット(預託)としてカード提示を依頼されます。これは、滞在中に支払いがあがれば、こちらに請求すると事前にホテル側には保障されたものであり、チェックアウトの際、特に支払うべきものが無ければ、提示したカードに課金、請求があがることはありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.