クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

同じブランドでも年会費が違うのは

同じブランドのクレジットカードでも年会費が無料のものから、十万円以上するクレジットカードがあったり、また、クレジットカードの色が違ったりなど様々です。中には、いくら持ちたくてもカード会社からのインビテーション(招待)ベースでしか、所有できないクレジットカードもあります。

もちろん、年会費が無料ならば、それにこしたことはありませんが、敢えて、それなりの年会費を支払ってまでそのブランドのクレジットカードを所有、利用するのは何故なのでしょうか?

安かろう、悪かろう、という考えがあるかとは思いますが、年会費が無料であってもクレジットカードが発行されるということは、クレジットカード会社と会員の間に信用供与が取り交わされているわけですから、利用される側(加盟店)にとっては、正直なところ承認が下りれば問題ではありません。

当然のことながら、年会費の違いはサービス、特典の違いです。また、年会費が高くなると、クレジットカードの色が一般のものからゴールド、プラチナ、ブラックなどと変わっていくので、それに伴うクレジットカードホルダーの満足度も高いのではないでしょうか?

もちろん、クレジットカードの色だけではなく、サービス、特典が細かく違ってきます。

分かりやすいところで言うならば、国内、海外旅行の自動付帯の保険の金額や、利用限度額、ホテルなどでのお部屋の無料アップグレードなど。空港で、カードを提示するだけで、無料でラウンジが利用できたりもします。

同じブランドでも、高い年会費を支払ってでもワンランク上のカードを所持する会員にはその年会費が高くなる分、やはり手厚いサービスが施されるのは言うまでもありません。また、カード会員自身もステータスと特別なサービスを期待しつつ所持していると思います。

クレジットカード会社側でも、上級会員に対しては、迅速かつ的確に対応でき、あらゆるニーズに応えられるような経験豊富なベテランの社員を配置しており、単に年会費泥棒ではありませんのでご安心ください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.