クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ショッピング、ダイニング

クレジットカードの利用方法として一番よく認知され、使われるのが、お買い物(ショッピング)での利用ではないでしょうか?

少し前の世代では現金主義の方も多く、カードは持たない!と言って今でも現金払いの方も多いですが、クレジットカードが浸透してきた現在では、お金が無いからとりあえずその場しのぎで利用するのではなく、お買い物での利用も当たり前のようになってきました。

支払方法も、一括払いから、分割、リボ払い(毎月一定額の支払い)、ボーナス払いなど選べるので計画的に利用できるのもありがたいです。

デパートでのお買い物では、そのデパートが発行しているデパートブランドつきのカード利用すれば、利用額の数パーセントがポイントとなり、そのデパートで利用できるサービス券が発行されたりします。駐車場も無料になったりと、よく行くデパートがあれば、非常に便利で使い勝手がよいカードです。

また、たまたまお気に入りのものを見つけて、持ち合わせが無い場合は、わざわざ銀行にお金を引き出しに行く必要もないですし、金額が高いものを購入する時は(例えば、婚約指輪、貴金属、家具など)お財布にも入らないような分厚い札束を持って行かずにすみ、その上、ポイントも溜まるので一石二鳥です。

特に海外旅行の際は日本から現金を持って現地通貨に換金して利用する必要はありませんので、面倒なことなく、簡単にお買い物が出来るので必ず最低でも1~2枚は持って旅行に行っていただきたいです。

また、レストランやバーでの飲食の際、カード一枚で会計できるのは、美味しく楽しく食事をした後に、現実的に現金を出して会計するよりは、とてもスマートです。特に、相手にお食事代を知られたくない、大事な接待やデートなどの場合は、カードをさっと出したり、または、お手洗いに行く振りして、お会計をお願いしてカードを出せば簡単に支払いが出来るのでよいと思います。

アメリカでは、食事のお会計が個別会計(または割り勘)でも、個々のクレジットカードで払いたい旨を伝えると、字便の金額だけ自分のカードで払うということも出来ます。(ただし、奥様のランチ程度のことで、高級レストランでは恥ずかしいですが)。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.