クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードを取得するには、まず、希望のクレジットカード会社へ申し込みが必要です。カードのランクによって、必要な条件があり、特にゴールド、プラチナカードになると、求められる条件も当然高く厳しくなり、細かいです。

以前は、申し込むには直接クレジットカード会社のサービスセンター(コールセンター)に電話をして申し込むか、銀行をはじめとした、各店舗などにも置かれている申し込み用紙に記入し、郵送して申し込むパターンが多かったですが、今ではインターネットで各社のホームページを開き、そこから申し込みも可能で便利です。

とはいえ、支払いの銀行引き落とし設定のための印鑑や、本人確認書類は必要なので、後日、郵送でのやりとりは必須です。

カード会社によっては、直接サービスデスクに必要な物を持参し申し込むと、審査に通れば60分で即発行できるところもあります。

また、身近なところで、デパートの提携カードならば、デパートでよく「○○カードに入りませんか?お買い物で今日からポイントが付きます!」とエレベーター前や入口近くの人が多く通るところで受付、勧誘しているのを見かけると思います。ガソリンスタンドやレンタルビデオ屋をはじめ、様々な業種で「提携カードを作るとお得です!」とよくお店の人に声をかけられると思います。

カード会社では、当然、どの媒体を使って申し込みをしたかが分かるようになっており、同じカードでも、例えば銀行の営業担当経由の推薦のような形の申し込みか、飲食店の店頭に置いてある申込書で申し込んできたか、などはそれぞれコードがあるので一目瞭然であり、当然のことですが、信頼できる順もあります。

ただし、いずれにしても、審査に通るかどうかは、虚偽申告してはならないのは当然ですが、それなりの信用状況、ステータスがあれば、申し込み方法にこだわらず、カードは発行されますので、ご心配なく。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.