クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

申し込みに必要なもの

以前は、それ程、厳しくはなかったのですが、現在、個人情報保護法などができてからクレジットカード発行においても審査が年々厳しくなってきました。

昔からあったのですが、カード詐欺なども様々な手口で増えてきた昨今、「犯罪による収益の移転防止に関す法律」に基づき、本人確認も義務づけられ、申込者本人の名前、生年月日、住所が記載された本人確認証の提出が必須となっています。

運転免許証であれば、住所変更をされた方なら両面のコピー。各種健康保険証なら、本人の名前、住所、生年月日の記載されている面、パスポートなら写真及び住所の記載されている面、外国人登録証明書なら、住所変更された方なら両面とも、住民票の写しなら発行から6ヶ月以内などの証明書の写しの提出が必須となってきています。各クレジットカード会社基準は異なると思いますので、事前にご確認ください。正当に申し込む方なら、特にこれに対して過剰だ!と感じることも無いと思います。

更に、提出書類と現住所が異なる場合は現住所の記載されている、国税、または地方税の領収書や納税証明書、社会保険の領収書、公共料金の領収書などが必要になったりします。学生の方は、学生証のコピーが必要となりますので気をつけてください。

また、基本的には、支払いは銀行引き落としなので、当然ながら、銀行の口座番号と登録の印鑑を各カード会社に提出しなければなりません。これについては、WEB申し込みであっても、後日、書類を提出しなければならないところがほとんどです。

普通に申し込む一般の方であれば、特に問題はないかとは思いますが、これらの提出物に対して、疑問があったり、躊躇されるようであれば、クレジットカード発行は見合わせられるかもしれない、(カード発行されない可能性がある)とお考えになった方がいいかもしれません。様々な手口で詐欺が増えている現在では当然の必須条件です。面倒なようですが不正を防ぐためでもあるので、必ずご用意ください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.