クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

信用情報(ブラックリスト)

信用情報に記録される内容については、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、限度額(極度額)、支払い回数、支払い状況、利用残高、申し込み履歴、事故情報(延滞)などがあります。

通常、普通に仕事をしていたり、生活している方であれば、クレジットカードを申し込み、自分の支払能力内で利用する分には、信用情報については何も気にせず、心配することはありません。実際、発行を拒否されるかも?!という不安も無いと思います。

しかし、クレジットカード会社側は、発行してしまえば健常なクレジットカード利用者はありがたい顧客なのですが、反対に、使用後に延滞されてしまう可能性もあるので、それを未然に防ぐためにも、信用情報を利用して申込者の審査を行い、事前にリスクを防ぎます。

各クレジットカード会社が利用している、信用情報機関については、CIC(Credit  Information Center,株式会社シーアイシー)、CCB(株式会社シーシービー)、BA(全国銀行個人信用情報センター)があり、登録内容としては、取引情報、申し込み内容、不渡り情報、官報情報、本人申告情報などが載っています。これらの情報機関で、それぞれ登録し、情報を交換し、提供することによって、申込者、顧客の審査、信用管理を行います。

自己破産、不渡りなどの情報があれば、まず、発行はされないでしょう。たった1回のうっかりミスの延滞(直後にすぐ支払いした方)などでは、この信用情報には登録されませんが、度重なり、最終的に強制解約になった場合については、再度そのカード会社のクレジットカードをすぐに手に入れるのは難しいと思ってください。

その他、ブラックリストではありませんが、一時的にカード申し込みが何社にもわたり集中しているときや、キャッシングを毎月何社にもわたり利用して、明らかに支払いをキャッシングで回しているように見受けられる方は、クレジットカード発行は難しいと思ってください。

信用情報は、クレジットカード申し込み時だけではなく、正式に会員になってからも不適切な利用があったりした場合にチェックし、入会時とは状況が異なり危険な場合は利用を制限したり、強制解約になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.