クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

覚えのない請求がきたら?

クレジットカードによるトラブルが増えてきた現在、残念ながらあってはならないことですが、明細書に利用の覚えの全くない請求が載っていることがあるかもしれません。特に、覚えのない利用額がかなり高額であれば、気付くかもしれませんが、中には分かりにくいものや、明細書をあまり詳しくご覧にならない方なら気付かないかもしれません。

明細書は当然のことながら、支払日前に届きますので、きちんとチェックしてください。そして、万が一その中に全く身に覚えのないものがあれば、即、クレジットカード会社に連絡してください。

残念なことに、現在普及しているオンラインでのクレジットカード照会、承認であっても、新聞、テレビなどでも時折、記事になるような非常に巧妙な手口を利用したクレジットカード詐欺集団がいます。正直、各クレジットカード会社もこれには頭を痛めておりますが、これらの利用、請求に対しては支払いは必要なく、保障されますので、過去利用した加盟店や利用状況などは必要に応じて確認されることもありますが、ご心配なく。内容を確認した上で、手元にあるカードは破棄もしくは返送を依頼され、新しい番号のクレジットカードが郵送されます。

ただ、やっかいなのが、少なくはなってきていますが、オンライン照会ではなく、昔よくあった、クレジットカードを専用の台に置き、ガッチャンと印字を写すタイプでの利用です。この場合は、悪質な加盟店がその情報を、裏で何枚か取り、架空の請求をあげてきたりする場合があります。国内でも、キャッチバーなどでお客を酔わせた隙に利用をあげたりしますので、気をつけてください。

特に、海外旅行などでは、いちいち加盟店の名前も覚えておらず、普段より利用が高額になったりするため、見つけにくいこともありますが、必ず利用したときに渡されるコピーを捨てずに保管し、覚えづらければ、その場でどこで何に利用したかそこに簡単に記入することをオススメします。そうすれば、帰国後に明細書が届いたら照らし合わせることができます。

海外旅行中に国内での利用があがった場合は明らかに不正使用と言えるので、そういった場合は、パスポートのコピーなど提出を依頼されますが、嫌がらず協力してください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.