クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレジット

クレジットとは credit、つまり本来は“信用”という意味ですが、現在では『信用貸し』を意味する言葉として広く一般に用いられています。

簡単にいうと、消費者と販売店の間にクレジット会社が入って、商品代金を一括して販売店に支払い、立て替えた代金を消費者から後で回収する、これが基本的なクレジットの仕組みです。

つまり、大半の場合、クレジット会社に購入代金を立て替えてもらうことで、分割払いが可能になります。もちろん、『信用貸し』するわけですから、クレジット会社とその消費者の間には事前に信用の確認が必要になります。クレジットカードを申し込む際に 行われる審査がそれにあたります。

クレジットには、消費者は高額な商品を分割で支払うことができるので購入がしやすく、販売店は一括で代金が入るので代金回収ができないリスクが避けられるというメリットがあります。その後、消費者は代金を販売店にではなくクレジット会社に対して返済してゆくことになり、その際規定の手数料が上乗せされます。

クレジットは後払いになるため、その場で支払いが完了する現金払いに比べ、返済にある程度計画性が必要になりますが、クレジットを賢く使うことでポイントが貯まるといった得をする面もあります。

また、キャッシングという言葉で知られるように、物品購入とは関係無く、クレジット会社からじかにお金を借りることも可能です。ただし、どのクレジット会社でもショッピングよりもキャッシングのほうが金利が高く設定されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.