クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

債務整理(さいむせいり)

債務整理とは、簡単にいうと借金を整理することです。

借金が多額で、さらに複数業者から借り入れがあり、返済が行き詰まった状態に陥っている場合に、債務整理をすることで立て直しを図るのです。

これにはどうしても法律の知識や、裁判所への手続きなどが密接にかかわってくるため、個人で債務整理をすることは難しく、弁護士などの専門家に相談して行うのが一般的です。

近年の多重債務者増加で救済窓口も多くなっていますので、まずは日本司法支援センター(法テラス)や日本クレジットカウンセリング協会、地方自治体の相談窓口などの無料相談を利用してみるのがよいでしょう。

債務整理の手段には、一般に、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の四つの方法があげられ、その手続はそれぞれに違いがありますので、抱えている債務の状態や生活状況に合った方法を選ぶことになります。

例えば、法律的に無効な金利分を過払い金として払い戻してもらったり、裁判所を通して法的手続きをおこない、借金を減額したうえで、今後実行可能な返済計画を立ててもらったりして債務を整理するのです。

この四つの方法に共通していることは、いずれも信用情報機関の事故情報(ブラック情報、いわゆるブラックリストと呼ばれるもの)に記録として残りますから、その後、新たな融資を受けたり、クレジットカードを作成したりすることはできなくなります。

ただし、ブラック情報は一定期間(通常、5~10年間)で消えますから、一生融資が受けられないというわけではありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.