クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

任意整理(にんいせいり)

任意整理とは、債務整理のうちのひとつの方法です。

返済が困難な状態まで借金を抱えている人にとって、借金を出来うる限り軽減し、その先、実現可能な返済計画の目処をつけることは、人生を立て直すに等しいかと思われます。そのためのひとつの方法として任意整理というものがあります。

任意整理は、自己破産などと違って、裁判所を通しての手続きを行いません。弁護士や司法書士に債権者(消費者金融など)との間に入って直接交渉してもらうことで、借金の軽減をはかるのです。

任意整理ではグレーゾーン金利というものがポイントになってきます。これまで金利の上限には利息制限法(金利15%~20%)と、出資法(金利29.2%)のふたつがありました。つまり、金利の上限が二重に存在したのです。

民法上の解釈で生まれた利息制限法には罰則がありませんが、出資法に違反すれば刑罰にあたります。そこで、多くの消費者金融は利息制限法と出資法の間である20%~29.2%(金利上限のグレーゾーン)に実質年率を定めてきました。

しかし、利息制限法を超えて支払った金利については、返還請求が可能です。こうした過払い分を払い戻してもらうことで、借金の減額になり、さらに今後返済する分についても法的に無効な金利を支払わなくて済むようになります。

そういうわけで、任意整理においては、高い金利で長期間返済し続けた人ほど、大きな効果が得られます。中には、借金苦で自殺後に弁護士が利息を算出し直してみたところ、借金はすでに返済し終えていたというケースもあるほどです。

なお、このグレーゾーン金利については社会的に問題化したことで、出資法の上限金利が引き下げられ、2010年までにグレーゾーン撤廃が決まっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.