クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

借金(しゃっきん)

借金とは、お金を借りること、もしくは借りたお金自体のことをいいます。

お金そのものを身近な人から借りることはもちろん借金になりますが、クレジットカードを使って商品を購入し、分割払いをしている場合も借金といえます。また、マイホームを全額お金を貯めてから購入する人は少ないことでしょう。大抵の場合、住宅ローンを組んで家を購入します。これもやはり借金になります。

借金は、きちんとした先々の見通しのもと、ひとつふたつ程度であれば問題はないかと思います。しかしながら、社会が現金主義からカード社会に移行するにつれ、一般の人々にとってクレジットカードを所有することが当たり前のことになってきました。

それにともない、クレジットカードで買い物をする手軽さから、借金をしている人が増えています。さらに以前は高利貸し、サラ金と呼ばれ、一般の人々が敬遠した金融業者も、CMの多用や窓口に女性社員を使ったりしてイメージアップを図ったため、こうしたところからお金を借りることへの抵抗が社会全体として薄れて来た印象があります。

そのため、無計画な借金や、借金返済のために新たに他所からの借り入れなどによる多重債務が問題化してきました。また、不況による生活苦や、住宅ローンを組んだ時点では予測しなかった収入の減少なども多重債務の要因となっています。

自己破産や自殺の件数が増加していることから、こうした問題を深刻に受け止め、出資法の上限金利引き下げや、債務整理による救済窓口を増やす措置も取られるようになりました。

しかし、クレジットカードの氾濫や、お金を借りやすい金融業者の存在は今後も続くと思われ、消費者側の“安易に借りない”という心構えも大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.