クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

居住年数(きょじゅうねんすう)

クレジットの審査においては、年齢・収入・職業・勤務年数・居住形態・家族構成などいくつかの項目ごとに点数をつけ、その総スコアで可否や利用限度額などを決めています。

住居については、持ち家か賃貸かといった居住形態の他に、居住年数も審査項目のひとつとなります。

クレジット会社は当然のことながら、何かあった際に契約者と連絡が取れなくなることを嫌います。一カ所に長く住み続けていることは、安定性のひとつの表れであると判断されるのです。

居住年数については、一般に多くのクレジット会社が、『居住1年以上であること』を審査基準の最低ラインとして定めているようです。居住年数が1年に満たないからといって、それだけで審査に通らないというわけではありませんが、条件的に不利であることは認識しておいたほうがよいと思います。

もちろん、生活が安定している人であっても、転勤の多い職場であるとか、マイホームを購入したばかり、あるいは親が高齢になったので同居を決めたといった様々な理由から、居住年数が1年以内のケースもあることでしょう。勤務先や家族構成など他の情報から、事情を読み取って判断してもらえることもありますが、不安な場合にはきちんと説明して相談してみるとよいかもしれません。

また、クレジット審査が条件的に厳しくなるタイミングを避けて、転職前や引っ越しをする前など比較的審査項目の状態が安定したタイミングで申し込むというのもひとつの方法です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.