クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

同居人の構成(どうきょにんのこうせい)

同居人の構成とは、家族構成のことですが、“現在、誰と一緒に暮らしているか”が問われている部分なので、大まかに分けると、『家族と同居』か『一人暮らし』という違いになります。

同居人の構成とした場合には、家族以外に同棲などのケースも含まれてきます。クレジット審査において、同居人の構成を訊ねるのには、やはり生活の安定性や連絡が取れなくなる可能性を判断したいという理由があります。

親と同居している場合には、本人と連絡が取れなくなっても、親を通じて本人の所在を確認しやすく、さらに親が代わりに支払をしてくれることもあるので、審査においては有利です。同じように独身の一人暮らしより、既婚者の方が連絡が取れなくなる可能性は低いと判断されます。

また、既婚者でも子供がいる場合の方が、学校の問題等がありますから、足取りを追跡しやすいのは確かですが、逆に子供が大勢いると養育費にお金がかかるため、自由になるお金が少なくなるとの判断で、既婚の場合には子供がいない人の方が審査には有利なようです。

つまり、同居人の構成としては、『独身で親と同居している』ケースが最も審査評価が高く、次いで『既婚で子供がいない』、『既婚で子供がいる』、最後に『独身の一人暮らし』という順になります。

独身の一人暮らしは身軽なイメージがありますが、その身軽さがクレジット審査においてはあまり好まれないと言えるかもしれません。ただし、いずれにせよ、同居人の構成については、あくまで申込者の自己申請に基づき、クレジット会社の方でその裏付け調査を行なうことはないようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.