クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

電話(でんわ)

携帯電話の普及に伴い、最近では固定電話を引かない家も見られるようになりました。学校の連絡網を見ても、電話番号が携帯電話のものである家庭がちらほら見受けられます。

まして、独身の一人暮らしであれば携帯電話で充分用が足りてしまいますから、固定電話の必要性は余り感じないことでしょう。

しかしながら、クレジットの審査においては、連絡先の欄に携帯電話の番号を記入するのは余り好ましくありません。クレジット会社は契約者の安定性や定住性を評価しますから、携帯電話と固定電話を比べれば、固定電話の方が審査に有利になります。

他にも審査項目は幾つもあり、それらを総合的に判断するので、携帯電話の番号だと審査に通らないということはありません。特に申込者が20歳代、30歳代と若い人の場合には、最近の固定電話離れをクレジット会社の方も理解していますから、携帯電話しか持っていないことをさほどマイナス評価はしないようですが、両方あるのなら固定電話の番号を書くようにします。

クレジットの審査基準は一律ではなく、各社それぞれの基準で行なっているため、携帯電話に対して厳しい評価基準を設定している会社の場合には、審査に通らないということも考えられます。ただし、この審査基準はどのクレジット会社も公表していませんので、予め知ることはできません。

ちなみに、クレジットカードの申し込み用紙に携帯番号を記入すると、勤め先に電話確認が入る可能性が高まるようです。これは申込者が本当にその職場に在籍しているかを確認するためのものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.