クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

個人信用情報(こじんしんようじょうほう)

個人信用情報とは、個人の氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先・年収などの個人属性情報と、公共料金の支払いやクレジットカードなどの利用履歴などの情報を指します。

これらの個人信用情報は、信用情報機関によって管理され、各金融業者が必要に応じて参照することができます。

クレジットカードの申し込みをすると、クレジット会社は審査の際に、必ずこの個人信用情報を照会します。個人信用情報には、その人のクレジットに関する契約内容や現在の借り入れ状況、過去の返済歴や自己破産などの債務整理歴が記載されていますから、これらが審査の判定に大きく影響します。

個人信用情報機関としては、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行協会が運営する全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。

それに加えて、この3社間で共有する信用情報を流すCRIN(クリン)というネットワークがあります。基本的にこの3つの機関では信用情報の共有はありませんが、CRIN(クリン)に登録された情報については共有されるとことになります。

この個人信用情報については、本人開示の手続きを取れば、自分の信用情報の内容を確認することができます。クレジット審査結果に納得がいかない場合でも、どのクレジット会社も審査基準について公表しておらず、審査に落ちた理由についても教えてくれることはありません。ただ、この自分の信用情報を確認してみると、その理由を推察する手がかりになることもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.