クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ブラックリスト

「延滞を繰り返すとブラックリストに載るのでは」、「自己破産するとブラックリストに載る」といった言い方がされる場合がよくありますが、実際には個人信用情報機関にブラックリストという名前のリストは存在しません。

一般の人がイメージするような、クレジット会社にとっての要注意人物だけを集めたリストというものは無いのです。金融業者がクレジット審査の際に照会する個人信用情報には、個人のクレジットに関するあらゆる情報が保有されています。

分割払いのショッピング、キャッシングやローンの利用履歴、現在の返済状況などこれらの情報をホワイト情報と呼びます。これに対し、支払延滞など問題があったものを事故情報といいますが、この事故情報がブラック情報とも呼ばれるものです。

これは金融業者が信用情報機関に事故情報として登録した場合に発生することになります。主に長期延滞、弁護士などが介入する任意整理、個人再生、自己破産などの情報が事故情報として処理されます。

このような事故情報を含め、個人信用情報は保有期間が定められており、それを過ぎた情報は抹消されます。情報の種類ごとに保有期間が異なりますが、およそ5年から7年ほどで登録データは消えるとされています。

保有期間内は訂正や削除はできませんが、稀に内容に間違いがあったり、保有期間を経過しているのにもかかわらずデータが残っている場合もあるので、そういった情報については訂正や削除を求めることができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.