クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

セキュリティコード

セキュリティコードは、クレジットカードやデビットカードの不正使用を防ぐためのセキュリティ対策のひとつです。

多くのクレジットカードの場合、カード裏面サイン欄の右上に印字されている3桁の数字がセキュリティコードとなります。

セキュリティコードは、カード内に磁気情報として記録されておらず、カードリーダーに読込まれることもありませんし、カードの利用明細書などに載ることもありません。そのカードを実際に手にしている本人だけが知り得る番号です。

そのため、何らかの不正な手段でカードのデータだけを入手した人間にはその番号はわかりません。

そうしたことから、不正が行われるリスクを少しでも減らすために、オンライン上のカード決済の際に、クレジットカード番号とカード有効期限の他に、このセキュリティコードの入力を求められる場合があります。

慣れていないと、クレジットカードの暗証番号と勘違いするケースがありますが、セキュリティコードは暗証番号ではないため、カードに印字されたコードを入力します。

クレジットカード会社によって、カード上のセキュリティコードが印字されている場所は異なります。例えば、VISAやMasterCardではカード裏面のサイン欄の枠内に印字されている3桁の数字ですが、American Expressの場合にはカード表面の浮き彫りになっていない4桁の数字がセキュリティコードとなります。

また、セキュリティコードの呼び方も、クレジットカード会社によって違いがあるようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.