クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

暗証番号(あんしょうばんごう)

利用者を認証するためのパスワードのうち、数字だけで構成されているものを暗証番号といいます。

予めシステム側に登録しておいた番号と、利用時に入力した番号が一致した場合にアクセスが許可される仕組みです。

暗証番号としてよく知られるものに、銀行のATMでの本人確認があります。これには4桁の暗証番号が使用されています。

正しい暗証番号を入力しないと、たとえ本人であってもシステム側に拒否されてしまうため、忘れにくい番号として、生年月日や電話番号を暗証番号に設定する人も少なくありませんが、これは万が一カードの盗難やスキミング(カード情報を抜き出す)被害にあった際に暗証番号が推測されやすく、現金を引き出されてしまう事態に繋がるため、各金融機関では簡単に第三者に推測されるような暗証番号は避けるようにと警告しています。

また、推測しにくい番号であっても、通帳やカードに暗証番号を記入したり、暗証番号をメモした紙を財布などに入れておくことも絶対避けるべきです。

他に、本人から暗証番号を聞き出す手口として、警察官や銀行員に成り済まして電話をかけ、暗証番号を尋ねるといったケースもあります。このような形で暗証番号を尋ねることは一切ありませんから、安易に他者に暗証番号を教えてはいけません。

カードが不正に利用された場合、クレジットカードの通常のショッピングについては盗難保険でほぼ全額が補償されます。

しかし、キャッシングなど暗証番号が必要なものについては、『暗証番号を知られた過失』があると見なされて損害が補償されないので要注意です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.