クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

オレンジカード

オレンジカードは、JR各社の自動券売機で切符が購入出来るプリペイドカードです。

オレンジカードには1,000円券、3,000円券があり、使用金額に応じてカードの残高が減ってゆく、使い切り型のカードになります。カード式自動券売機で現金に代わり、切符を購入出来るというものであり、切符を買わずにオレンジカードを直接投入して自動改札を通過することは出来ません。

直接投入型のカードとしては、過去にイオカードやJスルーカードなどがありましたが、いずれも販売を終了しています。

オレンジカードは1985年に販売が開始されました。まだJRが日本国有鉄道(国鉄)時代のことです。関東圏の主要駅での販売が最初となります。

過去には5,000円券、10,000円券も発売されていましたが、偽造や悪用が横行したために、1997年に高額オレンジカードは廃止されています。

5,000円券、10,000円券を持っている場合には、JR各社の主な駅で1,000円券、3,000円券と交換してもらうことが出来ます。

JRの切符購入用のプリペイドカードということで、デザインに景色や列車を使用したものや、記念カードが多く、オレンジカードは鉄道ファンや旅の記念として根強い人気があります。

また、オレンジカードもテレホンカード同様に収集家が多く、コレクションを目的に売買されることも少なくありません。

但し、JR東日本のSuicaに代表されるような各社のICカードの普及に伴い、実用としてのオレンジカードは減少傾向にあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.