クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

利用限度額(りようげんどがく)

利用限度額とは、クレジットカードに設定されている利用出来る金額の上限のことで、利用可能枠とも呼ばれます。

通常、クレジットカードの利用限度額はショッピング枠とキャッシング枠に分けられ、それぞれに利用出来る上限金額が決まっています。

この上限金額は、一ヶ月に利用可能な金額を示しているものではありません。例えば、10万円の利用限度額のうちの1万円を利用したとします。その場合、その1万円を返済するまでは利用限度額は9万円ということになります。

利用限度額は、そのクレジットカードを作る時点の審査によって、収入や信用度などからその金額が設定されます。但し、この金額はあくまでも当初のものであり、その後のクレジットカードの利用と返済によって実績を積むことで、利用限度額も上がってゆきます。

これまでは、特に希望したり手続きを行わなくても自動的に利用限度額が上がっていったという方も多いかと思います。しかしながら、2010年6月に完全施行を迎える貸金業法改正により、今後は年収の1/3を超える貸付けが禁止され、さらに利用限度額が50万円を超える場合や、すでに複数のクレジットカード会社からの借り入れがトータルで100万円を超える場合には、所得を証明する書類が必要となります。

こうしたことから、新たな借り入れが出来ない、現在の利用限度額が引き下げられるといったケースが増えることも考えられます。

専業主婦のように、本人に収入が無い場合には、夫の収入証明書類の提出が必要になります。また、収入のある家族の本会員のカードに対し、「家族カード」を発行するという方法もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.