クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

増枠(ぞうわく)

増枠とは、クレジットカードの利用限度額(利用可能枠)の上限を引き上げることを言います。

利用限度額はカードを作る際の審査で、カード会社によってその上限が定められますが、クレジットカードを利用し、きちんと返済することにより、その履歴が信用実績となって、自動的に利用限度額も上がってゆきます。

カード会社によっては、この自動増枠を待たずに、利用者の側からカードショッピングやキャッシングの利用限度額の変更(増枠)を申込むことも可能です。

キャッシングの利用限度額の増枠を希望する場合は、「収入証明書」の提出が必要となります。例えば、会社員であれば、給与明細書(最近2カ月分)、または源泉徴収票、納税通知書、支払調書など。

自営業であれば、納税通知書または確定申告書。年金受給者であれば、年金証書や年金通知書が、「収入証明書」になります。

また、キャッシングの利用限度額はあくまでもカード会社で定めるものとし、利用者からの増枠申し込みを受け付けていないカード会社もありますが、その場合でも大半がショッピング利用枠の一時増枠の申し込みは可能です。

ショッピング利用枠の一時増枠とは、海外旅行や結婚式、引っ越しや高額商品の購入など利用内容がわかっている場合に、一時的にクレジットカードのショッピング利用限度額を引き上げてもらう措置です。

但し、2010年6月に完全施行を迎える改正貸金業法と、2009年12月に一部施行され2010年末までに完全施行となる改正割賦販売法により、利用限度額を決める際の規制が厳しくなりますから、今後はこれまでより増枠の手続きが難しくなる可能性もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.