クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アドオン方式(アドオンほうしき)

アドオン方式とは、クレジットカードなどで分割払いをする場合の、月々の返済額の算出方法のひとつです。

元金に利率を掛けて最初に利息の総額を出し、元金と利息分を足した返済総額を支払回数で割ることで、ひと月の返済額を算出します。例えば、クレジットカードで100万円の買い物をし、アドオン率5%の約束で10回払いで支払うとします。100万円×5%=5万円ですから、5万円の利息が付き、返済総額は105万円となります。それを10回に分割して、毎月の返済額は10万5千円ということになります。

比較的高額でないショッピングクレジットなどにはアドオン方式が、住宅ローンやキャッシングでは実質年率による計算方法がよく用いられています。

減っていく残高に対して毎回金利を算出する残債方式と比べて、アドオン方式は計算方法がシンプルであるというメリットがありますが、アドオン方式では返済が進み残高が減っても毎月の利息金額は一定です。

アドオン方式ではアドオン率を使用しますが、残債方式では利息の算出に実質年率を用います。

同じ金利でもアドオン率の方が数字としては小さくなるため、消費者に誤った利息の印象を与える恐れがあります。(例えば、上記の計算では、アドオン率は5%ですが、これを実質年率で表すとおよそ11%ということになります)

そのため、割賦販売法が改正されて以降、利率の表示は実質年率に統一されるようになりました。現在ではアドオン率のみの表示は認められていません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.