クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

リボルビング払い(リボルビングばらい)

リボルビング払いとは、クレジットカードなどを利用した際の返済方法のひとつです。

分割払いがひとつの商品代金を複数回に分割して支払うのに対し、リボルビング払いは返済回数を指定せずに、一定の金額を毎月返済していく方法となります。

リボルビング払いは複数回利用してもひと月の返済額は同じですが、その分返済期間が延びることになります。

近年、各カード会社がリボルビング払いを勧める傾向にあり、リボルビング払いに切り替えた場合にポイントを通常より多く付与したり、一括払いや分割払いを後からリボルビング払いに変更出来るなどのサービスがよく見られます。また、 リボルビング払い専用カードを発行しているカード会社もあります。

中には、カードの初期設定をリボルビング払いにしてあるケースもあり、その場合には利用者が設定変更を申し出ないと、カード利用分が自動的にリボルビング払いになってしまいますから、注意が必要です。

カード会社がリボルビング払いを歓迎するのには、それだけリボルビング払いの金利手数料がカード会社にとって収益に繋がるという見方も出来ます。

リボルビング払いは、月々の返済額が一定のため、カード利用額によってひと月の引き落とし額が大きく膨らむことがありません。

そのため、引き落とし金額を気にせず利用出来るという気軽さがありますが、逆に利用者自身がきちんと利用額と返済計画を把握していないと、ずるずると返済期間が長引くことになります。当然、トータルで考えた場合の利息負担も大きくなります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.