クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フレックス払い(フレックスばらい)

フレックス払いとは、クレジットカードの支払方法のひとつで、“有る時払い”または“自由払い”と呼ばれることもあります。

リボルビング払いの変形型という見方が出来ますが、リボルビング払いが毎月一定の返済額なのに対し、フレックス払いは残高に応じて毎月決められた最少支払額(ミニマムペイメント)の返済を基本とし、経済的に余裕の有る月には多く返済することが出来るという点が特徴です。そのため、リボルビング払いと比べると、より自由度が高い返済方法と言えます。

また、カード会社によっては、月々の返済額をカード会員自身が予め設定し、それを超えた金額についてはリボルビング払いにするというシステムをフレックス払いと呼んでいるケースもあります。

この場合には、設定額を超えなければ、通常の一回払いと同様で金利手数料も発生しません。こちらも、余裕が有る時には希望する金額を追加返済することが可能です。

フレックス払いは、毎月必ず支払わねばならない金額が比較的低額なので、月々の返済は楽ですが、“懐具合に応じて返済する”という基本ルールをしっかり守って、きちんと追加返済をしないと、いつまでも返済期間が続くことになりかねません。

リボルビング払いやフレックス払いでカードを使い続けるために、常に返済期間を残している人を指す「リボ中毒」といった言葉も登場するようになりました。このように、借金の慢性化に繋がる恐れがありますから、計画的な利用が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.