クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)

元利均等返済とは、借入金の返済方法のひとつで、月々の返済額を元金と金利を含めて一定金額にして支払う方式です。

元利均等方式、元利均等返済方式と呼ばれることもあります。元利とは「元金と金利」という意味です。元利均等返済では、返済額は返済開始から完済まで、毎回決まった金額になります。

但し、毎回の返済金額は一定ですが、その内訳は変動しています。返済当初は金利の割合が高く、支払い回数が進むにつれ、金利と元金の割合が逆転してゆきます。

元利均等返済に対して、毎月の元金返済額を一定にし、そこに利息を加算した額を月々の返済額とする方式を元金均等返済と呼びます。

元利均等返済では、元金均等返済と比べた場合に、返済当初の支払い額を抑えることが出来ます。また、月々の返済額が毎回一定なので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

但し、返済開始時には支払額の中で金利が占める割合が高く、なかなか元金が減りづらいことも確かです。借入金は早く返済するほど金利負担が減ることになりますから、返済総額としては早く元金が減ってゆく元金均等返済よりも、元利返済方式の方が多い金額を返済する結果となります。

元利均等返済は、月々の返済額が抑えられることから、住宅ローンなど高額で長期に亘る返済に適しており、実際、住宅ローンを組む人の多くが元利均等返済を選んでいます。

元利均等返済は元金の残高がなかなか減っていかないことから、出来れば繰り上げ返済をして返済総額を減らしたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.