クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

個人情報保護法(こじんじょうほうほごほう)

個人情報保護法とは、個人情報の保護を目的に、その取扱いについて定めた法律です。

個人情報保護法というのは通称であり、正式名称は『個人情報の保護に関する法律』となります。

高度情報化社会が進むにつれ、顧客データの流出や会員名簿の売買、インターネット上の個人情報の扱いに絡むトラブルなど、個人情報に関する問題が度々生じるようになりました。

このような流れから、個人情報を保護するための法律の制定が必要となり、2003年5月に個人情報保護法が成立、2005年には全面施行となりました。

個人情報保護法においては、5,000件を超える個人データを保有する事業者を「個人情報取扱事業者」と定めており、このような事業者が個人情報保護法に違反すれば刑事罰が科されることとなります。

個人情報取扱業者は個人情報を適正に取得し、個人が了承した特定の利用目的のみに使用、それ以外の目的で使用したり、第三者にその個人情報を提供することは出来ません。

また、本人からその利用目的や個人データの開示を求められた場合には、遅滞なくそれを本人に開示し、さらに、個人データの内容に誤りがあるとして訂正や削除を求められた際にはこれに応じなくてはなりません。

個人情報保護は非常に重要なことではありますが、個人情報という言葉が社会に浸透するにつれ、名簿に住所を記載しない、学校等で電話連絡網を廃止するなどの動きも見られることから、個人情報保護法の拡大解釈や過敏反応を指摘する声もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.