クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ポイント還元率(ポイントかんげんりつ)

ポイント還元率とは、ポイントサービスを実施している場合に、支払った金額に対して獲得出来るポイントの割合を指します。

ほとんどのクレジットカードで、利用額に応じてポイントが加算されるサービスを採用していますから、顧客にとってポイント還元率はカード選びの際に注目される部分のひとつとなっています。

ポイント還元率は、ポイント付与率(獲得ポイント数÷購入金額)にポイント交換率(還元される金額÷ポイント数)を乗じることで算出されます。

例えば、1,000円で1ポイント付与され、200ポイントで1,000円の商品券と交換できる場合の還元率は0.5%となります。これは標準的なクレジットカードの還元率です。

クレジットカードのポイントサービスで還元率1%を超えるカードはあまり無く、還元率1%であれば、比較的高い還元率であると言うことが出来ます。

年間のカード利用総額に応じて段階的にポイント還元率をアップする制度を採用しているカードもあれば、通常のポイント加算以外に、公共料金のカード払いや、特定日の利用にボーナスポイントが付くカードもあります。

ポイントは各社が規定している最低交換ポイントまで貯まらないと商品と交換することが出来ません。ポイントに有効期限を定めているカードも多いので、有効期限内に最低交換ポイントに達しなかったポイントは失効してしまうことになります。

そのため、ポイントを貯めるカードを分散しないことも上手なポイントサービスの利用法です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.