クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

カード紛失(カードふんしつ)

カード紛失とは、クレジットカードが入った財布を落としたり、荷物を置き忘れる等、カードを無くしてしまうことを指し、この場合には出来るだけ早くクレジット会社へ紛失届を出すことが必要になります。

紛失したカードは第三者によって不正使用される可能性もあるので、紛失届を出すことでまずカードの利用を止めてもらいます。これにより、そのカードを使おうとしても販売店でエラーとなるため、カードの悪用を未然に防ぐことが出来ます。

但し、カード紛失及び盗難の届け出をすると、そのカードは無効カードとなるため、後で無事にカードが見つかった場合でも、もうそのカードを使用することは出来ません。そのため、クレジット会社に事情を説明してカードの再発行を受けることとなります。

カード紛失の場合には、クレジット会社だけでなく警察への届け出も必要となります。これはカード盗難時と同様です。

また、紛失したカードが届け出を行ったにも拘わらず、既に不正使用されてしまった場合でも、一般に届け出をした日から60日前まで遡ってクレジット会社から損害の補償を受けることが出来ます。

但し、カードの保管や暗証番号の取扱いにカード会員の明らかな過失が認められる場合には、この補償が減額となったり、損害の全額がカード会員の負担となる可能性もあります。

さらに、警察へ紛失届を出していなかった場合には、保険が適用されず補償されないケースもあるようなので注意が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.