クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

サイン

サインとは、筆跡による本人確認をするために、クレジットカード使用時に伝票に記入する署名のことです。

このサイン場合には、予めクレジットカード署名欄に書き込んである署名と一致しなければなりません。そのため、新規や更新、再発行等で新しいカードが届いた際には、すぐにカード裏面の署名欄にサインを入れておく必要があります。

表記については、漢字、アルファベット、平仮名、カタカナのいずれを使用しても構わないことになっていますが、クレジットカードのサインとカード利用時の伝票のサインが一致することが必須ですから、書き慣れたサインを使用すると良いでしょう。

他者が判読出来ないような崩した自体であっても構いません。また、苗字や名前のみのサインについては特に禁止されてはいませんが、文字数が少ない分サインがシンプルになるため、あまり好ましくないとされています。

スーパー等の買い物時にクレジットカードを利用しても、伝票へのサインを求められない場合があります。

これは店舗側が時間短縮のために、一定額以下の支払においてサイン不要としているためです。そうした店舗(加盟店)では、予めクレジット会社と加盟店の間でサインレス契約が行われています。

クレジットカードでもICチップを搭載したカードについては、サインではなくICカード用入力パッドに暗証番号をカード会員自らが入力することによって本人確認を行います。

また、ICクレジットカードであっても、店舗側の端末機がICカードに未対応の場合には、サインを求められるケースもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.