クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社団法人全国信販協会(しゃだんほうじんぜんこくしんぱんきょうかい)

社団法人全国信販協会とは、かつて存在した社団法人で、現在は社団法人日本クレジット協会に統合されています。

社団法人日本クレジット協会は、2009年4月に日本クレジット産業協会、全国信販協会、クレジット個人情報保護推進協議会の3団体が統合して設立されました。

社団法人全国信販協会は、信用販売における秩序の確立と近代的な流通方式の開発を図ることで、関連産業の健全な発展と国民の消費生活の向上に貢献することを目的とした活動を行ってきました。

事業内容としては、信用販売秩序に関する調査、流通方式の開発に関する調査及び研究とそれらの実施に際しての指導、消費者に対してクレジットや消費者ローンを正しく理解し利用してもらうための全国的な啓発・広報活動、信用販売に関する行政施策に対する協力などが挙げられます。

また、クレジットやローン審査時に照会される個人信用情報機関として、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構がありますが、このうちの「株式会社シー・アイ・シー(略称:CIC)」が1984年に設立された背景には、通商産業省(現:経済産業省)の提言により、社団法人日本割賦協会(現:社団法人日本クレジット協会)と、(株)日本信用情報センターが各々の信用情報機関の整備統合を話し合い、そこに社団法人全国信販協会が加わる形で3者による個人信用情報機関の一本化が実現したという経緯があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.