クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレジッター

クレジッターとは、社団法人日本クレジット協会が実施している、クレジットの初期及び途上与信の基礎知識と関係法令を修得するための検定試験です。

クレジッターは、クレジット審査業務能力検定一般コースとも呼ばれ、上級コースとしてシニアクレジッターがあります。

クレジッターは、クレジット審査業務に携わる担当者向けの検定で、受験資格は「社団法人日本クレジット協会の会員企業及び団体またはこれに関連のある企業等の職員である者、若しくは協会会員の代表者の推薦のある者」、と定められています。

1991年度に創設され、毎年2,000人以上が受験している検定です。過去10年間(1998年から2008年)の受験者データとしては、受験者数46,948人、合格者数 39,711人、平均合格率 は84.6% となります。

クレジッターでは、クレジット審査業務の知識や関連法令のみならず、プライバシー保護の重要性や、近年問題となっている多重・多額債務者の発生防止に関する意識やスキルも学びます。

これにより、審査業務担当者の資質の向上を図ることで、顧客からの信頼を高め、さらにはクレシ・ット業界の健全な発展を目的としてます。

クレジット関連会社では、従業員に対してこのような検定や資格取得を積極的に奨励している企業も多く、受験費用の会社負担や、試験の難易度に応じて一時金を支給する「自己啓発奨励一時金」制度等を設けているケースも少なくないようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.