クレジットカード

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

割賦販売法(かっぷはんばいほう)

割賦販売法とは、割賦販売(分割払いによるクレジット取引)に関わる公正な取引と円滑な商品の流通、消費者が不利益を被らないよう保護することなどを目的とした法律です。

平成20年6月の改正に伴い、その条文構成が…

»詳細を見る

貸金業法(かしきんぎょうほう)

貸金業法とは、貸金業者の事業登録や業務に関する法律で、旧称を『貸金業の規制等に関する法律』(略称:貸金業規制法)といいます。

『貸金業の規制等に関する法律』は1983年(昭和58年)に施行されたもので、この法律…

»詳細を見る

出資法(しゅっしほう)

出資法とは、正式名称を『出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律』といい、高金利で貸付けを行う貸金業者を規制する法律です。これは1954年(昭和29年)に制定されたものです。

出資法では、貸付けの…

»詳細を見る

利息制限法(りそくせいげんほう)

利息制限法とは、債務者の保護を目的に金銭の貸借における金利の上限を定めた法律です。

旧利息制限法を全面的に改正することで、1954年(昭和29年)に制定されました。

利息制限法では、利息の上限が元本の額に応…

»詳細を見る

銀行法(ぎんこうほう)

銀行法とは、銀行業務の健全且つ適切な運営を確保することを目的に、銀行業に関して規定した法律です。

9章66条の項目から構成されており、銀行業の企業形態・資本金・業務・経理等について定められています。

»詳細を見る

特定商取引法(とくていしょうとりひきほう)

特定商取引法とは、訪問販売、電話勧誘販売、通信販売等などの無店舗販売について、公正な取引がなされるよう規定した法律です。

特定商取引法とは通称であり、正式名称は『特定商取引に関する法律』となります。…

»詳細を見る

預金者保護法(よきんしゃほごほう)

預金者保護法とは、キャッシュカードの盗難や偽造などにより、預貯金が不正にATMから引き出された場合の被害について金融機関側が補償を行うことを義務付けた法律です。

銀行や信用金庫、信用組合、農協、郵便局、労…

»詳細を見る

資金決済法(しきんけっさいほう)

資金決済法(正式名称『資金決済に関する法律』)とは、これまで銀行のみに認められていた送金等の資金移動業務を、銀行以外の事業者に対しても認める法律です。

決済システムの安全性、効率性、利便性の向上を図…

»詳細を見る

消費者契約法(しょうひしゃけいやくほう)

消費者契約法とは、事業者の勧誘に不適切な行為が認められた場合に、消費者が契約を取り消すことが出来ることを定めた法律です。

平成12年5月に公布され、後に消費者団体訴訟制度を盛り込んだ改正法が平成19年6月から施…

»詳細を見る

消費者基本法(しょうひしゃきほんほう)

消費者基本法とは、消費者の権利と事業者の責務等を明確にすることで、消費者の利益を尊重し、国民の消費生活の安定と向上を目的とした法律です。

消費者基本法では、消費者の権利を明確にすることで、その権利に…

»詳細を見る

個人情報保護法(こじんじょうほうほごほう)

個人情報保護法とは、個人情報の保護を目的に、その取扱いについて定めた法律です。

個人情報保護法というのは通称であり、正式名称は『個人情報の保護に関する法律』となります。

高度情報化社会が進むにつ…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.